読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pasado manana

あしたはきっと素敵な日ー「あさって」はもっと素敵な日

秘密の花園 -オープンガーデン vol.1ー

   私の住む街ではオープンガーデンの冊子が作られ、ガーデナーさん達の

   素敵なお庭を紹介しています。その中で友達に誘われて向かったのは、 

   こちらです。車を降りたらバラの香りしかしません。

f:id:umanomimini-nendo:20160525184419j:plain

    70代後半のご主人が40年ほど前からバラを植え始めた、と

     おっしゃっていました。

 

 

f:id:umanomimini-nendo:20160525184016j:plain

       古びたサイロに優しくまとうピンクのバラが絵になります。

       おとぎ話の始まりのようです。

 

 

f:id:umanomimini-nendo:20160525184101j:plain

    ひとつひとつ名前が書かれていたボードがバラの花の下にあります。

    どれも字が消えてしまって見えません。40年の時でしょうか。

 

 

f:id:umanomimini-nendo:20160525184316j:plain

      大きな、小さな、幾重にも重なる花びらを見てため息・・・。

      素晴らしいの一言です。

 

 

f:id:umanomimini-nendo:20160525184503j:plain

     「次々咲かせるために毎日の花がら積みが大変なんだよ。」と

      私達二人に「風呂にでも浮かべたら」って積んだばかりのバラを

      くれるご主人。

 

 

f:id:umanomimini-nendo:20160525184654j:plain

     足元は木の葉のような物が敷かれていて、歩いた感じは柔らかく

     ふわっとします。

 

 

f:id:umanomimini-nendo:20160525184938j:plain

         バラひとつひとつ、それぞれの香りがあります。

 

 

f:id:umanomimini-nendo:20160525185015j:plain

     今にも降りそうな曇り空の下でもバラのつややかさがわかります。

 

 

 

f:id:umanomimini-nendo:20160525184813j:plain

              花も綺麗ですが、バラの葉も肉厚で綺麗です。