読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pasado manana

あしたはきっと素敵な日ー「あさって」はもっと素敵な日

桃の節句 -宮城県塩釜ー

           宮城県塩釜「塩釜deひなめぐり」

f:id:umanomimini-nendo:20170302174426j:plain

       塩釜の海商である亀井邸がメイン会場となるひなめぐり

       まだ冬の塩釜には梅が少し、玄関には桃の花が咲いていました。

 

f:id:umanomimini-nendo:20170302174346j:plain

      中から歓声があがっているのが、ここまで聞こえました。

 

f:id:umanomimini-nendo:20170302174552j:plain

       古布を使い手作りの雛飾りが並べられてあります。

       うさぎ・鶴・鯛、どれも優しい色合いに包まれてとても

          楽しくなります。

 

f:id:umanomimini-nendo:20170303100649j:plain

      今年のひなめぐりのパンフレットに登場していたお二人です。

      2月26日から3月3日までの長い期間ご苦労さまです。

 

f:id:umanomimini-nendo:20170303100528j:plain

     塩釜は吊るし雛の風習はないそうです。でも海の街塩釜らしいのは

     タコ・エビなど海の生き物が吊るし雛の中に紛れています。

 

f:id:umanomimini-nendo:20170303103644j:plain

     2階には明治時代のお雛様が並べられ、毛氈に座り抹茶をいただく

     ことができます。

 

f:id:umanomimini-nendo:20170303105739j:plain

     床の間には一関恵美さんの墨画が飾られていました。旦那さんが

     募金をして「亀井邸のひなまつり」と題したハガキをいただいて

     いました。

 

f:id:umanomimini-nendo:20170303100907j:plain

        元は旅館のえびす屋は現在caféになっています。 

 

f:id:umanomimini-nendo:20170303100736j:plain

      梁が立派な作りの旅館、6年前の震災では1階の半分ほどが

      海水に浸かったのだそうです。

 

f:id:umanomimini-nendo:20170303101046j:plain

     仙台箪笥とのコラボのお雛様こちらも江戸時代の物だそうです。

     ターコイズブルーを纏うQuintet、幼くて可愛らしい顔つきをして

     います。

 

f:id:umanomimini-nendo:20170303101138j:plain

     お醤油さんでは玉こんにゃくを、酒屋さんでは甘酒をいただいて

     そしてここ矢部園お茶屋さんですが、抹茶と酒饅頭のおもてなしを

     していただきました。嬉しいことに無料です。

 

f:id:umanomimini-nendo:20170303101406j:plain

    手前の太田興八郎商店は味噌醤油の醸造元、奥は丹六園くるみ入り

    「志おがま」で有名なお店です。

 

f:id:umanomimini-nendo:20170303101227j:plain

      太田興八郎商店の享保のお雛様は大変に品のある物でした。

      

f:id:umanomimini-nendo:20170303101313j:plain

     今年は先月にも茨城県真壁の雛祭りにも行きました。つくば山の

     麓の石の町のお雛様も、江戸や大正明治ととても華やかでした。

     来年はどこにいきましょうか?